menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 猫エイズに関するお役立ち情報【感染経路・症状・予防法など】
  2. 家猫の健康維持も食品にあり!年齢に合わせてフードを変えよう!
  3. 飛行機は天敵?!ペットとの旅行に知っておくべきこととは?
  4. 亡くなったペットを供養するなら…ペットの火葬について知る
  5. 子どもがペットをねだった時
閉じる

子犬の時期に躾をしっかりやっておくのが基本ですが、犬の躾に手遅れはありません!根気強く教え込むことが大切です

飛行機は天敵?!ペットとの旅行に知っておくべきこととは?

ペットと一緒に旅行をしたい!そういう飼い主さんもいますよね。飛行機での移動はペットにとって大きなストレスを感じるものです。思いやりをもって旅行を楽しむようにしましょう。

機内に一緒に入れるペットと完全荷物扱いになるペット

条件付きで機内に持ち込めるペットが存在します。昆虫類やカメなど逃げ出したりしないように、しっかりとした容器に入れれば機内で一緒に目的地まで行けます。
ペットと旅行を考える際には必ず事前確認が必要です。航空会社により条件がことなるケースもありコールセンターなどでどんな条件なのか確認するようにしましょう。
犬や猫、うさぎなどは荷物扱いです。一緒に機内への搭乗はできません。専用のゲージに入れ、荷物カウンターで預け、目的地の空港で引き取りという流れです。
格安航空会社のピーチ・アビエーションやジェットスターではペットを預けられません。LCCでは昆虫やカメなど大手航空会社のようにお預かりサービスがないのでペットと旅行する際にはLCC以外の航空会社を選ぶようにしましょう。

知っておくべきポイントは2つ

1つ目は、同意書です。ペットを持ち込む場合、必ず同意書が必要です。ペットのお預かりサービスを実施している航空会社はホームページに同意書を掲載しています。必要事項を記入し提出することも条件です。
2つ目は専用のゲージを使用します。持参してもゲージの大きさが規定よりも大きい場合は使用不可です。航空会社によりゲージの貸出をしていますので事前に確認するようにしましょう。

ペットが感じるストレスは図りしれない

犬や猫などは荷物扱い。通常の荷物と同じ場所で時間を過ごすことになり輸送環境は車とは大きく異なることを認識しておいてください。
飛行中は暗室での預かりです。外気温により客室とは違った環境におかれます。夏のハイシーズンでは温度と湿度に大きな変化をもたらしますのでペットにとっては大きなストレスです。
離着陸の際は大きな音が鳴り続けます。飛行中も風切り音や機械の操作音など、今まで聞いたことがない音がペットにストレスを与えます。
動物の聴覚や嗅覚は人間の何十倍も優れていると言われています。あなたのペットも例外ではありません。飛行機にペットを載せるのであれば、獣医に相談した上で旅行を楽しむようにしましょう。

ペットホテルに預けるのも一つの手だて

ペット輸送に不安がある場合は、近くのペットホテルに預けることも思いやりです。強いストレスを往復で2回も感じることを考慮すると、ペットホテルに預けることも考えておくことも必要ですね。

こちらもおすすめ!

ピックアップ記事

  1. 猫エイズについて、正確な知識をもっている人は少ないです。エイズというと、人間の病気のイメージから、感…
  2. 人間もペットも健康維持に欠かせないのは食事ですね。人間にとって健康食と言われていても飼っている猫には…
  3. ペットと一緒に旅行をしたい!そういう飼い主さんもいますよね。飛行機での移動はペットにとって大きなスト…
ページ上部へ戻る