menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 猫エイズに関するお役立ち情報【感染経路・症状・予防法など】
  2. 家猫の健康維持も食品にあり!年齢に合わせてフードを変えよう!
  3. 飛行機は天敵?!ペットとの旅行に知っておくべきこととは?
  4. 亡くなったペットを供養するなら…ペットの火葬について知る
  5. 子どもがペットをねだった時
閉じる

子犬の時期に躾をしっかりやっておくのが基本ですが、犬の躾に手遅れはありません!根気強く教え込むことが大切です

亡くなったペットを供養するなら…ペットの火葬について知る

ペットは家族に一員として、家族のだれからも愛される存在として、飼っている世帯は多いです。そんなペットでも、突然亡くなるといったことがあり、その際に葬儀を行うといった人もいます。今回はペットの火葬について取り上げます。

ペットの火葬にはどんなものがあるのか?

ペットの葬儀には、合同葬・個別葬・立ち会い葬・自宅葬があります。いずれの方法も、ペットを家族の一員として弔うために行われます。その際はペットを火葬にしますが、近くに自治体が運営する動物火葬場があるか調べます。民間企業でも火葬してくれるところはありますが、公営より料金が高い傾向にあります。火葬技術は進んでおり、亡くなったペットに応じて火力が調節され、どんなペットでもお骨になります。

火葬の費用とその後の埋葬

火葬の相場は、スタイル(合同または個別)×ペットの体重+オプション=火葬費用となります。合同でやる方が安くなり、ペットの体重が大きいほど費用が高くなります。火葬後は納骨することになりますが、その際はペット霊園や納骨堂で行います。納骨を依頼することを前提としているところがあるので、供養料として半自動的に費用が掛かることがあります。ペット用の墓石が販売されているので、ペット霊園で納骨するなら墓石を購入するのもいいでしょう。墓石は年間管理費を含めて6万円以上が相場です。中にはペットと同じお墓に入りたいという人もいるでしょう。そんな人には、ペットも同じお墓に入れる霊園がおすすめです。法律的に、人間のお墓に動物を入れるのは、問題ありません。

ペットの火葬について知る

ペットの火葬は、公営または民間の火葬場で行ってくれます。火葬技術により、火力の調節でどんなペットにも対応しています。火葬費用は、火葬のスタイルとペットの体重によって、金額が決まります。納骨は、ペット霊園や納骨堂で行い、人間と同じお墓に納骨できる霊園もあります。ペット用のお墓は6万円以上が相場となっています。

こちらもおすすめ!

ピックアップ記事

  1. 猫エイズについて、正確な知識をもっている人は少ないです。エイズというと、人間の病気のイメージから、感…
  2. 人間もペットも健康維持に欠かせないのは食事ですね。人間にとって健康食と言われていても飼っている猫には…
  3. ペットと一緒に旅行をしたい!そういう飼い主さんもいますよね。飛行機での移動はペットにとって大きなスト…
ページ上部へ戻る